UME blog
気ままな旅行記を書いています
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント

よろしかったらコメント残していってください



月別アーカイブ



お気に入り

・まっちさん
おしゃれまっちのすてきせいかつ
タイトルどおりとてもすてきなブログです。
旅行記もとても丁寧です。
あとペットのかめお先生がかわいらしいです。

・やえもんさん
やえもんのひだまりカフェ
僕と同年代で学校の先生をされているやえもんさんのブログです。
旅の他たくさんの趣味をお持ちで興味深い記事をたくさん書かれています。

・まるたん星人さん
猫、やをらブログる
かわいい猫ちゃんたちの写真がもりだくさんです。
旅の記事などもあります。
“やをら”とはおもむろという意味だそうです。

・かやさん
かやのうち
たくさん旅行しているかやさんのブログです
その他かやさんの地元の話など
楽しい記事がいっぱいです
・四十路さん
四十路直前日記Ⅱ
城をたくさんまわられている四十路さんのブログです
百名城以外の城もたくさんまわられていますよ



最近のトラックバック



訪問してくれた人数



ただいま訪問されてる方

現在の閲覧者数:



プロフィール

UME

Author:UME
居住地  関東
年齢   30代
性別   男
職業   税理士
趣味   旅



にほんブログ村

気に入ってもらえたら、お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土日きっぷ山形一人旅 目次
2007.2.24から2.25までの土日きっぷ山形一人旅の目次です。


2007.2.24 

計画そして出発 Vol.1

DSC00295.jpg


蔵王 Vol.2

DSC00327.jpg   DSC00315.jpg


フラワー長井線 Vol.3

DSC00339.jpg   DSC00345.jpg


米沢・高畠 Vol.4

DSC00372.jpg   DSC00365.jpg

DSC00388.jpg


2007.2.25
山形から酒田へ Vol.5

DSC00407.jpg   DSC00402.jpg


酒田 Vol.6

DSC00408.jpg   DSC00424.jpg

DSC00435.jpg



鶴岡 Vol.7

DSC00477.jpg   DSC00448.jpg

 
きらきらうえつ そして帰宅 Vol.8

DSC00493.jpg   DSC00512.jpg




まとめ
まとめ



スポンサーサイト
土日きっぷ山形一人旅 まとめ
この頃は旅の前にいろいろ重なって心が病んでいました(^_^;)
でもこの旅をしたことで旅の魅力に取り付かれ、
そして旅行をすることで立ち直ることが出来たのかもしれません。
税理士試験の勉強も再開できました。
そして税理士試験合格をしました(^_^)v

試験勉強しているのに旅なんかしてと言われそうですが
旅をしていなかったら、昨年の税理士試験の合格はなかったと断言できます。

それだけこの旅は僕にとって本当に有意義なものでした。

それと土日きっぷは18,000円なのですがこの旅を普通に回ると30,000円ちょっとです(^_^)v

では恒例の
この旅のベスト3

第一位

海向寺の即身仏

写真はありませんが本当に良かったです。
良かったというのは失礼な言い方かもしれませんが
病んでいた僕を救ってくれました(^_^)
即身仏だけではなく酒田という街もとてもよかったです。
DSC00408.jpg   DSC00424.jpg



第二位

日本海の夕日
きらきらうえつから見る夕日には本当に癒されました。
DSC00508.jpg   DSC00512.jpg


第三位

ローカル線
フラワー長井線、米坂線、陸羽西線
この旅でローカル線の魅力に取り付かれ
この後の旅でも極力ローカル線に乗るようになりました。
DSC00339.jpg  DSC00357.jpg

DSC00407.jpg



他にも蔵王の樹氷、鶴岡での出来事など本当に思い出深いです

とにかくこの旅が僕の旅の原点です。

                                土日きっぷ山形一人旅 完 

一年前のことなのでだいぶあいまいなところもありましたがそこは御容赦ください。

目次はこちら




土日きっぷ山形一人旅 Vol.8 きらきらうえつそして帰宅
鶴岡ではちょっと残念だったけれど気を取り直して
楽しみの一つきらきらうえつに乗り込みます。
DSC00493.jpg

外装はかなり派手ですね(^_^)
ちなみにこちらは新潟に到着後のきらきらうえつ。
DSC00530.jpg


さて鶴岡駅を出発。
日曜日なのにがらがらでした。
女性の車掌さんも今日は空いてると言っていました。

さてジョイフルトレインの名にふさわしく車内はなかなか凝っていました。
ラウンジあり、車両の端には展望用のスペースも。
DSC00495.jpg   DSC00498.jpg


観光案内のスクリーンや、パンフレットも置いてありました。
DSC00494.jpg

駅に到着の時も車内放送ではその土地土地の紹介もしてくれます。

あと座席がちょっと高い位置にあるけど、
階段じゃなくてスロープになっているところにやさしさを感じました。

ちょうど夕陽も見れました。水平線に太陽が沈んでいく時は感動です(^_^)v。
DSC00508.jpg   DSC00512.jpg


途中下車したくなりました。
また機会があったら日本海沿いで夕日を見ながらっていうのもいいですよね。

新潟までの約2時間のんびり癒すことができました。

新潟からは上越新幹線に乗ります。
DSC00538.jpg


こちらはきらきらうえつとは違いスキーの帰りとぶつかってしまいちょっと・・・
って感じでしたが・・・。

そして上野に到着し帰宅しました・・・

というわけで初めての一人旅は終了です。

土日きっぷ山形一人旅 本編終わり

次回まとめを書きます

目次はこちら


土日きっぷ山形一人旅 Vol.7 鶴岡
酒田から奥羽本線に乗りいざ鶴岡へ。

DSC00487.jpg

この鶴岡は30年以上前に2年だけ住んでいた街です。
もちろん僕は記憶がありません。

鶴岡駅に着くとまずは観光案内所に行き酒田と同様自転車を借りに行きました
しかし冬はお休みらしい・・・
雪全くなかったのに・・・。

とりあえず観光案内の女性に親から教えてもらっていた住所を言って
バスを教えてもらいました。

バスの運転士さんと話をしながら近くのバス停まで行きます。

携帯のナビを頼りにいよいよ30年以上前に住んでいたところに・・・
写真も何枚かもっていたのですがさすがに30年も経つと変わっていますね(^_^;)
あとで親にも写真を見せたのですが「変わった」って言ってました。

さて目的の住所に着き早速近隣の人たちに聞いてみたけど、

明らかに不審者扱いでした(笑)


その中で一人おばさんが親切に話を聞いてくれましたが
やはりわからないと・・・
当時の写真も見せたけど・・・
やはり変わってしまったみたいです。
残念・・・・・・

まぁしょうがないですね。
住んでいたといっても30年以上前に2年間だけですから(^_^;)
感動の再会とか期待してたんですけど(^_^)
一応住所があった場所です
DSC00448.jpg


とりあえず当ては外れたけどまだ電車までは3時間にあったので鶴岡の町を歩くことしました。

鶴岡市役所です
DSC00464.jpg


鶴岡公園です。
ここは鶴岡城址です。
DSC00477.jpg   DSC00469.jpg

DSC00451.jpg   DSC00473.jpg


ここからも山が見えます
DSC00480.jpg


ちょっと早めに鶴岡駅に到着。

鶴岡からは新潟までこれから楽しみにしていたジョイフルトレイン“きらきらうえつ”
に乗ります。

続く・・・

目次はこちら

土日きっぷ山形一人旅 Vol.6酒田

駅から自転車に乗りまず向かったのが
山居倉庫100年以上も現役で活躍しています
風情あるたたずまいです。
ドラマのおしんのロケ地にもなったそうです。
DSC00410.jpg   DSC00408.jpg

敷地内に物産店がありたくさんの種類の日本酒がおいてありました(^_^)

次に向かったのがスワンパークです。
最上川沿いにものすごい数の鳥がいます。
僕はあげませんでしたが訪れた人が売ってるエサを上げるため
寄ってきます
DSC00424.jpg   DSC00421.jpg


次に海洋センターです。
DSC00435.jpg

酒田港にあり資料館みたいになっています。
展望室からは海そして山の両方が望めます(^_^)
DSC00429.jpg   DSC00432.jpg


最後に行ったのが観光センターのおじさんに絶対行った方がいいと言う
海向寺に向かいました。

このお寺にあるのが即身仏
はじめは400円払う価値あるのかなとも思ったし
説明してくれた女性の方には地味なところと言われたけど、
心が洗われた感じがしました。僕にとっては400円以上の価値がありました。

即身仏とはわかりやすくいうとミイラです。
お坊さんが穴の中に入り木の実などを食べながら
そのまま仏になっていく・・・
すごいことです・・・

即身仏は15体あるらしいですがここ海向寺は一番北になるそうです。
そして二体あるのも極めて珍しいらしいです。


しかし・・・あまりにも感動したのか写真撮るの忘れてしまいました(^_^;)。
まぁもともと即身仏は撮影禁止ですけどね。

2時間30分くらいでしたが充実しました

電車の時間もあったので駅に戻り鶴岡へ向かいます・・・

続く・・・

目次はこちら






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。