UME blog
気ままな旅行記を書いています
カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント

よろしかったらコメント残していってください



月別アーカイブ



お気に入り

・まっちさん
おしゃれまっちのすてきせいかつ
タイトルどおりとてもすてきなブログです。
旅行記もとても丁寧です。
あとペットのかめお先生がかわいらしいです。

・やえもんさん
やえもんのひだまりカフェ
僕と同年代で学校の先生をされているやえもんさんのブログです。
旅の他たくさんの趣味をお持ちで興味深い記事をたくさん書かれています。

・まるたん星人さん
猫、やをらブログる
かわいい猫ちゃんたちの写真がもりだくさんです。
旅の記事などもあります。
“やをら”とはおもむろという意味だそうです。

・かやさん
かやのうち
たくさん旅行しているかやさんのブログです
その他かやさんの地元の話など
楽しい記事がいっぱいです
・四十路さん
四十路直前日記Ⅱ
城をたくさんまわられている四十路さんのブログです
百名城以外の城もたくさんまわられていますよ



最近のトラックバック



訪問してくれた人数



ただいま訪問されてる方

現在の閲覧者数:



プロフィール

Author:UME
居住地  関東
年齢   30代
性別   男
職業   税理士
趣味   旅



にほんブログ村

気に入ってもらえたら、お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎・熊本一人旅 Vol.22 本渡 殉教公園
満腹になり殉教公園に向かいました。

途中には祗園橋という古い橋があります。
全て石でできています。
DSC01897.jpg

ここは島原の乱の激戦の地ということで、この川には多くの死者が出たと言われているそうです。
DSC01899.jpg

とても趣き深い橋です・・・
DSC01902.jpg

そこから少し歩くと殉教公園があります。
ここは本戸城あったところらしく、軽く山登り。

キリシタン殉教者の埋葬塚を集めたと言われる千人塚です。
DSC01905.jpg

他にもキリシタン殉教者の墓がありました。
DSC01908.jpg


DSC01909.jpg


頂上にはもちろん天草四郎さんがいます。
DSC01910.jpg


それとここには資料館があるんだけれど、今改装中ということでした。
DSC01912.jpg


頂上からもいい景色が見えます
DSC01916.jpg


本渡に着いたころには雨は降っていなかったんだけど、止んだ分すごい蒸し暑かったです。

他に回るのも中途半端な時間だったので、早めにバスターミナルに戻りバスを待ちました。

本当はレンタカー借りようかとも思ったんだけど、この日は満車で借りることが出来なかったんですよね。
こういうところは車が無いと不便ですね・・・

続く・・・

目次はこちら

旅以外の雑談はUME Diary
先日行った日光の記事もあります

長崎・熊本一人旅 Vol.21 天草 本渡
口之津から30分で天草の鬼池港に着きます
DSC01891.jpg

ここにも天草四郎さんがいました。
DSC01890.jpg

ここからはバスで30分で、本渡に着きます。
ここは天草の上島と下島の中間点にあるところで、
天草の中ではかなり発達した街です。

この本渡に着いたのが2時前。
今日の目的地樋島に行くバスは4時55分(本渡から樋島へ直通バスは一日でこの一本だけ・・・)

ということで時間的には中途半端ですが、いくつか回ることにしました。
とその前に遅めの昼ごはん。
探すのも面倒だったので、バスターミナルの近くの食堂に入ることにしました。

ここでは海鮮丼と貝汁セットがお勧めと言うことだったので、それを頼みました。
DSC01892.jpg

海鮮丼のほうは新鮮で美味しかったんだけど、
DSC01893.jpg


貝汁のほうにビックリ。
このアサリの量!!途中まで数えてたんだけど途中でわからなくなりました(^_^;)
DSC01894.jpg

食べるのも疲れました(笑)
でも大粒で美味しかったです。
DSC01895.jpg



このあとはバスまでの時間が3時間ほどあったので、殉教公園に行ってみました。

続く・・・

目次はこちら

旅以外の雑談はUME Diary
先日行った日光の記事もあります



長崎・熊本一人旅 Vol.20 長崎から熊本へ
トヨタレンタカーの方に南島原の駅まで送ってもらい、
天草へのフェリーに乗るため島原鉄道で口之津の駅に向かいます。
DSC01859.jpg

DSC01869.jpg


トロッコ列車も走っていました。
DSC01861.jpg


実はこの島原鉄道は諫早から島原を経て口之津から二つ目の加津佐というところまで走っているのですが、来年の3月いっぱいで南島原の次の駅、島原外港から加津佐までの区間が廃止になってしまいます。
ちょうど僕が乗った区間ですね・・・
僕はこういうローカル線に乗るのが好きなのでとても残念です。
と同時に廃線前に乗れて良かったです。
以前行った秋田での秋田内陸縦貫鉄道もそうですけど、
こういうローカル線が無くなっていくのはとても残念です。

約一時間で口之津港のある口之津駅に到着です。
この駅もあと半年ちょっとですね・・・
DSC01874.jpg


さて駅の目の前にフェリー乗り場があります。
この日はお盆ということもあり、時刻表に関係なく船が出ていました。
ほとんどのお客さんが車でした。
DSC01875.jpg

DSC01878.jpg


これで長崎県とはとりあえずお別れ。
DSC01884.jpg

また来ますねぇ

口之津から天草の鬼池港までは30分。
いよいよ熊本県です。
DSC01887.jpg



続く・・・

目次はこちら

旅以外の雑談はUME Diary
先日行った日光の記事もあります



長崎・熊本一人旅 Vol.19 島原武家屋敷
三日目です。
この日は島原から親戚の家のある熊本県の天草に向かいます。

まずは島原に戻り、前日行けなかった武家屋敷に向かいました。

とその前に・・・
前日の宿では温泉たまごをおつまみに、雲仙という焼酎を雲仙レモネードで割る
雲仙ハイボールセットというものを購入して飲みました。
疲れていたときにはかなり効いたみたいですぐ寝ちゃいました(笑)
DSC01835.jpg

DSC01836.jpg


と話を元に戻します
この日はこの地方に大雨注意報が出ていました。
また山道を下っていくんですが、この通りの霧です・・・
しかも前にバイクが二台走っていました。
すごい気になるので途中で抜かしたけど・・・
DSC01841.jpg


さて島原の武家屋敷です。
DSC01856.jpg


ここだけ別の世界のような感じです。
しかも雨が降っていたので逆にいい雰囲気でした。
DSC01848.jpg

ここは三軒が公開されています。
DSC01843.jpg

中には武士の模型が置いてあります。
DSC01847.jpg

その横に本物のおばあさんが掃除をしていて、
う、うごいてるってビックリしました(笑)

ここの水もきれいでした。

ここには茶屋があります。
DSC01850.jpg

ここでは前日食べなかった名物の“寒ざらし”をいただきました。
DSC01849.jpg

白玉に蜜がかかっているだけのシンプルなものでしたが、
くどくなく美味しかったです。
でもまだ開店間もなかったのか、寒ざらしくださいって言ったら
ちょっとあわてていました・・・

武家屋敷を回った後は、レンタカーを返却し島原鉄道で、フェリーの港がある
口之津へと向かいます。
ちなみにこれが今回島原、雲仙と旅に付き合ってくれたヴィッツ君です
DSC01857.jpg


続く・・・
目次はこちら

旅以外の雑談はUME Diary
先日行った日光の記事もあります




長崎・熊本一人旅 Vol.18 雲仙温泉地獄
宿からすぐのところに、雲仙地獄の散策コースがあります。
結構広いです。

そこらじゅうから硫黄のにおいがする煙がもくもくあがっています。
それじゃなくてもものすごく暑いのに、煙の近くではありえない暑さです。
DSC01797.jpg

流れているのも白く濁った温泉です。
DSC01784.jpg


でもここは今回の旅の中でもかなり楽しみにしていたので、暑さに負けず歩いていきます(^_^)v
道はしっかり整備されていますが、硫黄パワーなのか道が変色してしまっています。
DSC01816.jpg


地獄には怖くて入れません(笑)
DSC01788.jpg


区域ごとに地獄の名前がつけられています。
それぞれに看板があり由来の説明があります。
DSC01787.jpg


ここはこの雲仙地獄の中でも最も激しかったところです。
DSC01804.jpg

DSC01805.jpg


この木はすごい!!
まともに硫黄を浴びながら立っています。
DSC01802.jpg


他にもいくつか地獄があります。

ここにも十字架があります。
DSC01794.jpg

この雲仙地獄はキリシタンの拷問の場所としても使われていたそうです。
そう考えると悲しいところでもあります。
DSC01826.jpg


しかし本当に暑い!!
DSC01824.jpg

一通り回った後は、温泉たまごを買い、ちょっとぶらぶらして、
宿に戻りました。
DSC01830.jpg



続く・・・
目次はこちら

旅以外の雑談はUME Diary
先日行った日光の記事もあります。




長崎・熊本一人旅 Vol.17 雲仙温泉へ
仁田峠を出発すると道は一気に下り坂です。
山道の運転はこの下り坂が危険で気を遣いますね。
まぁ今回のこの道路は途中まで一方通行なんで対向車が来ない分
気持ち的には楽ですけれど。

雲仙温泉
に近づいてくると、温泉の煙がたくさん見えてきます。

さて今回の宿、かせや旅館さんです。
DSC01840.jpg

DSC01831.jpg

ここはこじんまりとはしているけれど、一人旅歓迎ということで決めました。
僕はあまり立派なホテルより、こういうこじんまりとした旅館のほうが好きですね。
こういうところのほうが宿の方もざっくばらんって感じで、家庭的なぬくもりが味わえます。
ここもみなさんいいかたばかりでした。
温泉も小さいけれど、源泉掛流しで、いいお風呂でした。

さてチェックインを済ませた後、まだ時間があるので、
近くの温泉神社に行ったあと雲仙地獄を散策です。
DSC01778.jpg

DSC01780.jpg


続く・・・

おまけ
雲仙観光ホテルです。
DSC01828.jpg



目次はこちら

旅以外の雑談はUME Diary

追伸・・・
先日お伝えしたとおり、日光へ行ってきました。
いずれ番外編として詳しく書こうと思いますが、
とりあえずはダイジェスト的なものを“UME Diary”のほうへ
書いていこうと思っています。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。