UME blog
気ままな旅行記を書いています
カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント

よろしかったらコメント残していってください



月別アーカイブ



お気に入り

・まっちさん
おしゃれまっちのすてきせいかつ
タイトルどおりとてもすてきなブログです。
旅行記もとても丁寧です。
あとペットのかめお先生がかわいらしいです。

・やえもんさん
やえもんのひだまりカフェ
僕と同年代で学校の先生をされているやえもんさんのブログです。
旅の他たくさんの趣味をお持ちで興味深い記事をたくさん書かれています。

・まるたん星人さん
猫、やをらブログる
かわいい猫ちゃんたちの写真がもりだくさんです。
旅の記事などもあります。
“やをら”とはおもむろという意味だそうです。

・かやさん
かやのうち
たくさん旅行しているかやさんのブログです
その他かやさんの地元の話など
楽しい記事がいっぱいです
・四十路さん
四十路直前日記Ⅱ
城をたくさんまわられている四十路さんのブログです
百名城以外の城もたくさんまわられていますよ



最近のトラックバック



訪問してくれた人数



ただいま訪問されてる方

現在の閲覧者数:



プロフィール

UME

Author:UME
居住地  関東
年齢   30代
性別   男
職業   税理士
趣味   旅



にほんブログ村

気に入ってもらえたら、お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海城巡り 3 中京競馬場&桶狭間古戦場
えーと今回のテーマは城巡りなんですが・・・

まず最初に行ったのは、中京競馬場でした(^_^;)
DSC03700.jpg


最初この日は塩尻から各駅で名古屋までの予定にしようと思ってのですが
それでは初日全く観光しないことになるので、塩尻から特急、快速と乗り継いできました
そして金山駅から名鉄に乗り換え中京競馬場に向かったのでした・・・

実は何年か前から毎年JRAの競馬場に行くのが恒例でして・・・

これで残るは函館と小倉だけになりました(^o^)/

中京競馬場前という駅名ですが実際は10分ほど歩きます。
DSC03698.jpg   DSC03696.jpg



次に訪れたのは同じ駅にある桶狭間古戦場に向かいます。
DSC03719.jpg


ここは駅からすぐのところにあります。

桶狭間といえば今川義元が織田信長に討たれた戦いですね。
ちょうど大河ドラマ「風林火山」先日触れられていました。
DSC03712.jpg   DSC03717.jpg


桶狭間の古戦場はもう一箇所あるみたいですが今回は時間との関係で
ここのみです。

今川義元の墓もありました。
DSC03711.jpg


このお寺の中には今川軍の本陣跡もありました
DSC03713.jpg  DSC03715.jpg


このあとは紅葉の名所でもある興正寺に向かいます。

続く・・・

目次はこちら


スポンサーサイト
東海城巡り 2 名古屋までの道のり
いよいよ出発です。

ここで往路の行程を

新宿   9:00
 
     ↓あずさ9号

塩尻  11:46

塩尻  11;52

     ↓しなの10号

中津川 12:55

     ↓セントラルライナー10号

金山  14:15 

ここまでが片道切符で行った往路の行程です。

まずはあずさから。
DSC03658.jpg


新宿から塩尻までの3時間弱の旅
塩尻までは中央東線と言われています
八王子を過ぎて山梨県に入っていくと今までの光景とは
がらっと変わります。
DSC03661.jpg   DSC03670.jpg


甲府に到着すると半分以上の人が降りていきました。
風林火山ゆかりの地でも行くのでしょうか。

さらに諏訪を過ぎ塩尻に到着。
DSC03676.jpg


ここで軽いハプニングが・・・

上記の行程にもありますが、塩尻での乗り換え時間は6分・・・
しかし上諏訪から先は単線になるのですが、
そこでのぼりの電車が遅れたため4分の遅れが生じました(ーー゛)

時計を見ると11:50分になろうとしている・・・
ダッシュでホームに向かいます。

が・・・・
しなのもしっかり3分ほど遅れてくれました(笑)
かなり焦っていたのでしなのの写真撮るの忘れました(^_^;)
まぁ前回の旅で長野松本間乗った時の写真がありますけど・・・

ここからは中央西線
本当に山の中を走ります。
DSC03679.jpg   DSC03686.jpg


中津川に到着してからはセントラルライナーに乗り換え
DSC03689.jpg   DSC03688.jpg


しなのでも名古屋まで行けるのだけれど、
せっかくなので乗ってみることにしました。
この電車は快速ですが多治見より先に行く場合には
整理券310円が必要となります。
車内も普通と特急の中間って感じでしょうか・・・
DSC03691.jpg

この車両はドアが3つあるのになぜか真ん中のドアが開きません。
セントラルなのに・・・(寒)

こちらもいい景色・・・
DSC03693.jpg

しかしあまりのぽかぽか陽気に睡魔が(^_^;)

ということで金山駅に到着(JRは撮るの忘れたので名鉄バージョン)。
DSC03695.jpg


新幹線の倍以上の時間はかかるけれど、
のんびり車窓を見ながらの旅もいいものです(^_^)v



さて金山からは城巡りは翌日からにしてあるところに向かいます・・・

続く・・・

目次はこちら


東海城巡り 1 計画&出発
11/23から11/25の三連休を利用して
愛知県、岐阜県に旅してきました。

今回のテーマは
城を巡ること

まだ国宝の四城のうち行ったことがないのが
犬山城
だったので、愛知に行くことは決めていました。

せっかくなので周辺の城も攻めてみようと
今回の旅になりました。

それと今回は切符の買い方を少しひねってみました。

僕は千葉県に住んでいるのですが、
名古屋への行き方は普通であれば
東京から新幹線を使います。
しかし名古屋へは
新宿から中央線を使って行くことも出来るのです。

そこでせっかくなので中央線を使おうかと思っていたところある方からの情報で
一筆きっぷの存在を得ました。

最寄り駅から
新宿→塩尻→名古屋→東京と行くと往復じゃなく片道になるのです。

こうすると往復13,000円ほどする乗車券が10,500円に。
これはキロ当たりの運賃が距離が伸びれば伸びるほど安くなるという
システムを使ったものみたいです。

もちろん途中下車は出来ますが後戻りは出来ません。
でもこのきっぷを往復の乗車券と考えれば2,000円もお得ですからね。

みどりの窓口でも簡単なメモを渡しただけで問題なく発券してもらいました。

DSC03656修正


さてどの城に行くかも決め、切符も買い

いよいよ出発です


続く・・・

目次はこちら


東海城巡り 目次
11/23から11/25日までの東海城巡りの旅の目次です。

今までは最初に項目をあげてそのあとリンクを貼るという形式でしたが
今回はどのように更新しようかまだ迷っているため
記事を更新したごとに項目も載せていきたいと思います。

写真入りの目次を作りました。
写真入りの目次はこちらへ
東海城巡り ダイジェスト

11/23
計画&出発
Vol.1
名古屋までの道のり
Vol.2
中京競馬場&桶狭間古戦場
Vol.3
興正寺
Vol.4

11/24
朝食
Vol.5
名古屋城
Vol.6
犬山城
Vol.7
Vol.8
岐阜城
Vol.9
Vol.10

11/25
郡上八幡城
Vol.11
Vol.12
長良川鉄道
Vol.13
大垣城
Vol.14

まとめ
まとめ
帰りです。
20071125201927
帰りの新幹線からです。
ちなみに最新のN700系です(^_^)v

今回は城を五ヵ所まわりまさに城三昧。

また詳細は改めてアップしますが、名古屋グルメも味わい、車窓も楽しみいい旅になりました(^_^)v

写真は今日訪れた郡上八幡城です。

最終日
20071125093345
昨日は予定通り、名古屋城、犬山城、岐阜城とまさに城巡り(^_^)v

今日もお城巡りということで、岐阜からバスに乗り込み郡上八幡に向かっています。

写真は"国宝犬山城"です

城巡り出発
20071123090839
名古屋に向けて出発です。

今回は新宿から中央線を使って名古屋に向かいます。

新幹線だと東京から2時間かからないで行くところ、5時間以上かけてのんびり行きます(^_^)v
七つ道具
旅は今年に入ってから本格的に始めたのですが
回数を重ねていきこれだけは必要だっていう道具を
ご紹介。

1.バック
DSC03621_edited.jpg   DSC03622_edited.jpg

これはリュックとしても使えるキャリーバックです。
見えませんが小さなリュックもファスナーで脱着可能になっており
観光の時にはそれをはずし、大きいのはコインロッカーなどに預けて
行きます。

.サブバック。
ウエストバックです。
DSC03627_edited.jpg

財布、携帯電話、タバコなどすぐ出せるようにこれに入れます。

3.カメラ
TS3C0132_edited.jpg

SONYのDSC-H5
一眼じゃないのにデカイ。
ちなみに下についているのはミニ三脚。
一脚としても使えます。

一眼欲しい。。。

4.御朱印帖
DSC03631_edited.jpg

DSC03637_edited.jpg

今年の5月に比叡山延暦寺に行ったときからできるだけ御朱印をいただくことにしています。
ちなみにこれは大原三千院で買った二冊目。
それほど荷物にもならないため必ず持って行きます
横にあるのは三千院で購入した御朱印帖入

5.圧縮袋
DSC03636_edited.jpg

特に今からの季節は服がかなりかさばりますからね
100円ショップでも売っていますが、空気を抜くのにかなり力が要ります。
これで荷物のかさも軽減です。
といっていますが旅行に持っていくのは今度の東海が初めてです(^_^;)

6.メッシュケース
DSC03629_edited.jpg

これは100円ショップで売ってるものです。
これに旅先のパンフレットや入場券などを入れておきます
適当に放り込んでもとりあえずはなくなりません。

7.しおり
DSC03651_edited.jpg

僕は旅に出る前に必ずエクセルを使ってある程度の予定を書きます。
遠足のしおりみたいなものですね。
電車の時刻、観光予定場所、宿の電話番号などを書きます。
これは前回の長野旅行のものです。

以上が七つ道具。
あと携帯電話も今は時刻表になったり地図にもなるので必需品になっています。

またこれから旅を重ねていくうちに変わっていくかもしれませんけどね(^_^)v
風林火山北回廊フリーきっぷ一人旅 ダイジェスト
最後に写真入りの目次です。

10/6
出発
Vol.1

DSC03225.jpg

松本城へ
Vol.2

DSC03227.jpg

松本城 第一位
Vol.3
Vol.4

DSC03269_20071026180613.jpg

DSC03277.jpg

松本散策
Vol.5

DSC03285.jpg   DSC03287.jpg

松本から長野 篠ノ井線 第三位
Vol.6

DSC03305.jpg   DSC03302.jpg

善光寺
Vol.7

DSC03325.jpg   DSC03311.jpg

湯田中温泉
Vol.8

DSC03344.jpg   DSC03336.jpg


10/7
小布施
Vol.9

DSC03363.jpg

松代
Vol.10

DSC03373.jpg   DSC03391.jpg


川中島古戦場
Vol.11

DSC03402.jpg   DSC03405.jpg

戸倉上山田温泉 第二位
Vol.12
Vol.13

DSC03437.jpg   DSC03428.jpg


10/8
小諸城址
Vol.14

DSC03471.jpg   DSC03463.jpg

真田氏歴史館、長谷寺
Vol.15

DSC03480.jpg   DSC03488.jpg

上田城址
Vol.16

DSC03497.jpg   DSC03499.jpg

上田原古戦場
Vol.17

DSC03526.jpg   DSC03519.jpg

真田本城址 帰宅
Vol.18

DSC03539.jpg   DSC03554.jpg


まとめ
まとめ
風林火山北回廊フリーきっぷ一人旅 まとめ
今回の旅は今年放映されている大河ドラマ
風林火山のゆかりの地と温泉がテーマでした。

ちょうど風林火山のフリーきっぷも発売されており、
4月には諏訪フリーきっぷの旅をしたので
今回はもう一つの北回廊フリーきっぷを使う旅をしました。

この旅のベスト3

第一位
松本城

DSC03278.jpg   DSC03277_20071026181114.jpg


はっきり言って今回の旅でダントツの一位です。
今までは旅ごとに順位をつけるの悩みましたが今回はすんなり決定(^_^)v

天守閣の外観、そして中に入ったときの雰囲気どれも本当に素晴らしかった。
実は今回のフリーきっぷの区間には入っていないのだけれど
別料金払ってでも行った甲斐がありました。

松本の町並みも良かったです。
DSC03285.jpg   DSC03293.jpg



第二位
戸倉上山田温泉

第二位は戸倉上山田温泉です。

DSC03409.jpg   DSC03410.jpg

DSC03425.jpg   DSC03428.jpg

ホテルの温泉も良かったけれど
なんといっても共同浴場めぐり。
今回は三ヶ所でしたがあと四つの共同浴場も行きたくなりました。

まぁ街の雰囲気はTHE温泉街って感じですが、お湯はなかなか良かったし
早めに宿に行きのんびりしたのも良かったのかもしれません。

第三位
篠ノ井線の車窓
DSC03296.jpg   DSC03301.jpg


僕の旅の目的は電車に乗るということも大きなウェイトを占めるので、この篠ノ井線の車窓にしました。

この篠ノ井線は長野から松本に行くときに利用し、松本に向かうときは座席の位置を間違えて
残念な思いもしましたが、帰りは席もきちんと確保し、姥捨でのスイッチバックも体験できました。



あっ全部風林火山に関係ない・・・

確か諏訪の旅も昇仙峡だとか風林火山に関係なかったような・・・(^_^;)

風林火山に関するところでは、善光寺、小諸城址、川中島古戦場が印象にありますね。

その他にも湯田中温泉や小布施などいいところもたくさんありました。

反省点はもう少ししっかり計画を立てること
最終日は結構グダグダでした。

車のほうが便利なところもあるということ
特に二日目は車があればもっと楽しめたかも

今回は反省点も多かった旅でしたがこの反省もふまえて
これからの旅に活かせていけばいいなと思います。

ということで

風林火山北回廊フリーきっぷ一人旅 完

目次はこちら

風林火山北回廊フリーきっぷ一人旅 18 真田本城址 そして帰宅
思ったより早くまわってしまい、まだ新幹線の時間までは3時間もあります。

とりあえずいろいろなところからもらった資料とにらめっこ。

上田のパンフレットを見ると
真田本城址
に目がいきそこに行ってみることにしました。

上田から山道を登っていきます。

と先ほど訪れた真田歴史館が見えました。

同じ道を走っていたんですね(笑)

ちょっとわかりにくかったけど看板を発見し、さらに細い道を登っていきます。
DSC03553.jpg

そうすると風林火山ののぼりが見えてきました。
DSC03552.jpg


真田本城は真田氏が上田城に移るまで拠点にしていたところだそうです。
DSC03539.jpg

ちょっと雨も降ってきていましたが見晴らしはなかなかのものです。
DSC03545.jpg

周りは崖になっていました。

そんなに広くはないので軽く散策。本丸跡です
DSC03550.jpg




ちょっと早いですが上田駅に戻ります・・・
DSC03554.jpg


上田駅でレンタカーを返却し、上田駅をぶらぶらして新幹線に
乗り込み帰宅しました・・・
新幹線では思い出に浸りながら(寝ながら 笑)
DSC03556.jpg


風林火山北回廊フリーきっぷ一人旅 本編おしまい

次回まとめ書きます。

目次はこちら

風林火山北回廊フリーきっぷ一人旅 17 上田原古戦場
上田城址の後は武田軍VS村上軍の戦いのあった
上田原の古戦場
に向かいます。

この戦いでは武田家の重臣、板垣信方、甘利虎泰が討ち死にしています。
この二人は信玄の父信虎の時代からの家臣で
特に板垣は信玄のお守り役だったそうです。
山本勘助もこの板垣のおかげで武田家の家臣となったそうです。

武田信玄は初めて敗北の味を知ることになります。

まずは
古戦場碑
DSC03526.jpg


石久摩神社
というところにあります。
DSC03523.jpg


この神社の近くにはこの戦で亡くなった
無名戦士の墓
がひっそりありました。
DSC03530.jpg


次は
板垣信方の墓

板垣神社と書いてある鳥居があります。
DSC03520.jpg


ここは田んぼの真ん中にあり、車もあぜ道みたいな感じの細い道に
止めるたので、車がいつ来るかドキドキです。

板垣信方は愛煙家で有名であるため僕もタバコおいてきました。
大河ドラマでは千葉真一が壮絶な最期を演じておりましたが
ある本にはタバコをすって油断している時に襲われたとも
書いてありました。
DSC03519.jpg


このあとまだ時間がたっぷりあったんでドライブがてら
村上義清の居住跡にもいきまいた。

といっても記念碑がおいてあるだけでしたけど。
DSC03535.jpg   DSC03538.jpg


この段階でまだ15時過ぎ・・・

どうしようかと迷いながらとりあえず上田のほうに戻るのでした・・・

続く

目次はこちら

風林火山北回廊フリーきっぷ一人旅 16 上田城址
長谷寺などによりちょっと遠回りをして
上田城址に向かいます。

午後になっていたこともあり駐車場もだいぶ埋まっています。
それと感じたのは関東近郊のナンバーの車もかなり止まっていました。

いいここら辺までだといいドライブになりそうです。

早速上田城址に向かいます。

まず目にするのは大手門。
残念ながらこの大手門は復元ですが横の櫓は現存ということでした。
DSC03497.jpg   DSC03505.jpg


大手門の近くにはこんなものもあります。
DSC03500.jpg   DSC03499.jpg

真田石と言われていますがこの石どうやって運んだのか
本当に不思議です。

櫓は資料が展示してありました。
DSC03508.jpg


城跡は公園になっていて、中には真田神社もありました。
DSC03509.jpg


しばらく散策したあとは風林火山で板垣信方が戦死した。
武田軍VS村上軍の決戦があった上田原古戦場へ向かいます。
続く・・・

目次はこちら


風林火山北回廊フリーきっぷ一人旅 15 真田歴史館 長谷寺
小諸城址の駐車場に戻ったのが昼時
近くのお蕎麦屋さんで昼食です。

店の前には水車がありここでそば粉を挽いてるみたいです。
DSC03473_20071113202321.jpg


早速店に入り限定の十割そば大盛を注文します。
このボリュームです(^_^;)
DSC03474_20071113202349.jpg

初めての十割そば。
なるほど汁をつけないで食べても味がしっかりある。
ちなみにこの店ではざるそばでもそばの味がわかるように海苔は乗せないそうです。

満足したところで上田方面に戻ります。

このまま上田城址に行く予定でしたが、せっかく車なので
遠回りしていくことに。

真田家ゆかりの寺
長谷寺に行ってみることにしました

長谷寺に向かう途中に真田歴史館の看板が見えたので寄ってみます。
中は真田家ゆかりのもの、真田家の年表など、小さい資料館ですが
内容は盛りだくさんって感じです。
DSC03480_20071113202428.jpg

近くには真田氏の館跡があったのでそこを散策しました。
DSC03482_20071113202655.jpg   DSC03484.jpg


長谷寺へ向かいます
ここは途中の道からかなり細い道を登っていきます。
DSC03495_20071113202931.jpg


しかしまた誰もいない(ーー;)
DSC03487.jpg   DSC03488_20071113202832.jpg


真田幸隆と真田昌幸の墓所をお参りして帰ってきました。
DSC03491_20071113202854.jpg  DSC03492.jpg


このあとは
上田城址
に向かいます

続く・・・

目次はこちら

風林火山北回廊フリーきっぷ一人旅 14 小諸城址 懐古園
最終日です。

この日の予定は小諸城址上田城址くらいしかありませんでした。
そして上田からの新幹線は19時過ぎ。

朝、露天風呂に入りながらどうしようか考えました。

そこで思いついたのが
レンタカー使おう
ということ。
天気もいまいちだし前日の反省もありましたしね。
早速上田駅の駅レンタカーに電話して車を確保しました。

と宿を出発して上田駅に向かいます。

いつものヴィッツ君でした(^_^)

まずは小諸城址に向かいます。
DSC03472.jpg


残っているのはこの三門と石垣くらいだそうです
ここは周りよりも低くなっていて全国的にも珍しい穴城と言われています。
DSC03471.jpg

DSC03456.jpg
   

中に入ると散策コースが整備されていました。
DSC03442.jpg


この鏡石は山本勘助が愛用していたらしいです。
まぁきちんと写るかは微妙でしたが・・・
DSC03448.jpg


天主址です。
周りかっら見てもそれほど高台にあるわけではないですね。
DSC03452.jpg


少し進むと展望台があり
なかなかの景色が広がります。
DSC03459.jpg


さらに進んでいくとなぜか動物園が(笑)
DSC03463.jpg


多摩動物園から来たというライオンもいました。
ずっと寝てましたけど(^_^;)
DSC03467.jpg


のんびり散策が出来ました。

このあとは上田城址に向かってみます。

続く・・・

目次はこちら



風林火山北回廊フリーきっぷ一人旅 13 戸倉上山田温泉2 共同浴場めぐり
しばらく散策したあとは共同浴場に向かいます。

千曲川を渡り約20分ぐらいで一つ目の
国民温泉に到着。
場所はちょっとわかりにくいかも。

えーと名前の通り立派な建物で・・・
DSC03409.jpg


早速中に入ります。
結構混雑しています。
なにより驚いたのはお湯の流す量。

普通はちょろちょろって感じでお湯が出てるのに
ここは流れるお湯の量がすごいんです。
まるで滝のような感じです。
お湯も気持ちよかったです。

ドライヤー使用料が20円って書いてあったのもちょっと笑っちゃいました。

次は戸倉観世温泉
DSC03410.jpg


こちらは建物は新しくてきれいです。
中に入ってみると
こちらもかなりの人がいました。
お湯は緑色だったかな。
硫黄のにおいがします。
見た感じはとろみがあるのかなって感じです。
実際はそんなことないですけど。。。

最後は万葉超音波温泉
DSC03425.jpg

超音波の意味は今ひとつわかりませんが
ジャグジーはありました。
こちらも緑色ですが先ほどの戸倉観世温泉よりは薄かったですかね。
湯温が違う浴槽が三つありました。

料金はどこも300円前後。
この値段で本物の温泉に入れるなんて贅沢な話です。

ここら辺には7つの共同浴場があるみたいなんで日替わりで一週間
まわれますね(笑)

僕の中では戸倉観世温泉が一番良かったかなっていうのが感想です。

宿を出たのが6時過ぎだったんですが戻ってきたら9時前になっていました。


途中にはこんな電飾も
DSC03428.jpg


のんびり温泉に入ってこの日も終了。
早めに宿に行きこうやってのんびり湯巡りもいいものですね。

続く・・・

目次はこちら

風林火山北回廊フリーきっぷ一人旅 12 戸倉上山田温泉1
川中島古戦場の後は、ちょっと予定より早いけど
時間も中途半端だったし疲れもでていたので
早めに宿に行きのんびり温泉でも入ろうということで
この日の宿がある
戸倉上山田温泉
に向かいます。

バスで長野駅に戻りそこから篠ノ井線経由しなの鉄道直通の電車に乗り
戸倉駅に向かいます。
DSC03439.jpg


戸倉駅に着いたのは16時30分くらい。
そこからはタクシーに乗っちゃいました。
DSC03438.jpg


DSC03437.jpg


この日の宿は上山田温泉の
湯元上山田ホテル
DSC03433.jpg


ここは内風呂の大浴場と露天もあります。

とりあえず疲れを癒すために内風呂のほうに。
既に何人かのお客さんもいたため写真はありませんが、
いい展望が広がり、お湯も硫黄のにおいがします
源泉掛流しで気持ちいいです

でも内風呂は6階、露天は1階とちょっと不便です。
この時は内風呂だけにして部屋で少しのんびりした後は
まだ6時過ぎだったので散策も兼ねて戸倉温泉の共同浴場めぐりをします。
DSC03407.jpg


続く・・・

目次はこちら

風林火山北回廊フリーきっぷ一人旅 11 川中島古戦場
松代からはまたバスに乗り、川中島古戦場に向かいます。

ここでは今放映中の大河ドラマ“風林火山”に関する特別展
“体感!川中島の戦い”なるものが開催されています。

まずはバスを降り向かったのは
武田信玄VS上杉謙信の一騎打ちの像
DSC03402.jpg

この像はどうやら僕の親の知り合いの知り合いが製作にかかわってるらしいです。
まぁ微妙な関係ですが(笑)

次にいよいよ“体感!川中島の戦い”の展示場に行きます。
まぁはっきり言って宣伝。
甲府に行ったときもありましたが、出演者のインタビューや衣装、
そしてパネルなどが飾ってあります。

でも川中島の決戦についての説明などは興味深く見ました。
有名なのは第4回なんですね。

うーんここにで見てやはり妻女山は行ってみるべきでした。。。

展示場を一回りした後は公園を軽く散歩。
結構広いです。
DSC03403.jpg

DSC03405.jpg


三連休の中日だし天気も良かったので家族連れなどがたくさんいました。

とこれで終了。

まぁ一騎打ちの像が見れただけで満足です。

これで考えていたこの日の観光は終了。
予定よりだいぶ早かったですが、
この日の宿がある戸倉上山田温泉に向かうことにしました。

松代、古戦場と回って思ったのは車の移動のほうが便利ですね。
この2ヶ所以外にも見所たくさんありますしね。
今度は車を使っって行きたいと思いました

続く・・・


目次はこちら

風林火山北回廊フリーきっぷ一人旅 10 松代
小布施からは長野電鉄の特急“ゆけむり号”
で長野まで行きます。

特急料金はなんと100円。
時間の短縮もあるけれど、せっかくなので乗ってみました。
DSC03369.jpg

車両は昔の小田急ロマンスカーですね。

長野に到着するとバスに乗り込み
松代
に向かいます。
このバスもフリー区間内です。

松代は真田家ゆかりの町です。

ここでもレンタサイクルで移動です。
ちなみに松代のレンタルサイクルは無料。
かなり古いですけど・・・

まずは松代城跡
ここは川中島の決戦の時に武田軍の拠点とされていたそうです。
この日はちょうど真田祭りがやっていて、すごい人でした。
祭り目的だったら良かったんですが、今回はゆっくり見たかったので
ちょっと残念でした。
DSC03372.jpg   DSC03373.jpg


次に向かったのは妻女山・・・
しかし良く調べていかなかったため完全に道に迷ってしまいました。
聞こうと思っても周りに誰もいない・・・
もう時間もあるので諦めて戻ってきてしまいました(T_T)

ちょっと松代城と妻女山でテンション下がり気味。
次は長国寺
ここは真田家の菩提寺です。
・・・しかしここも工事中・・・
人もいない・・・
とりあえずグルッと回っただけでした。
DSC03397.jpg   DSC03398.jpg


かなり失意の中(笑)
唯一良かったのがここ
象山地下壕
無料です
DSC03396.jpg   DSC03383.jpg

太平洋戦争時に秘密に掘られた地下壕
でもここは強制労働によりかなりの犠牲者が出たそうです・・・
DSC03393.jpg


この象山地下壕に向かう途中にはこのような風情のある町並みも見れます。
DSC03379.jpg


最後になんとかホッとしました。
良く調べてから行ったほうがいいですね。
また行く機会があったらきちんと回りたいです

ここからはまたバスに乗り川中古戦場に向かいます

続く・・・

目次はこちら

風林火山北回廊フリーきっぷ一人旅 9 小布施
二日目です。


早く寝たのもあって翌朝は6時にはスッキリお目覚め。
前日はいらなかった宿の温泉にも入ります。
浴槽は小さいけれど源泉掛け流しだし気持ちよく入り
スッキリしました。
DSC03342.jpg


お世話になった宿とはお別れ。
そして湯田中駅からまずは最初の目的地
小布施に向かいます。

長野電鉄の電車。
DSC03358.jpg

りんごをイメージしているみたいです。
電車からもりんごの木がたくさん見えました。

小布施に到着しレンタサイクルで移動します。
DSC03367.jpg


情緒ある町並みが見えます
DSC03359.jpg


まず向かったのは葛飾北斎の作品が展示されている
北斎館
ここ小布施は葛飾北斎が晩年絵を描いていた場所だそうです
DSC03360.jpg


ここでは小布施は栗が名産なので
“栗”のソフトクリームをいただきます。
栗の味がしっかりしていました。
甘さも程よく美味しかったです。
DSC03362.jpg

小布施には他にも栗を使ったお菓子などがたくさんありました。

次に向かったのが
岩松院
ここは豊臣時代の“七本槍”の一人福島正則の廟所があります。

そして本堂の天井には北斎が書いた龍の絵がありました。
撮影禁止だったので写真ありませんが畳21畳分もある絵で
迫力がありました

ちょうどツアーの団体とぶつかり人がたくさんいました。
DSC03363.jpg


本当は他にもゆっくり回りたかったのですが、
時間の関係で小布施の駅に戻りました

小布施の町はそんなに広くないので散策するには
いい町だなと思いました

続く・・・

目次はこちら



風林火山北回廊フリーきっぷ一人旅 8 湯田中温泉
善光寺もまわり、この日の予定は終了。

長野駅に戻り長野電鉄に乗り今宵の宿のある
湯田中温泉に向かいます。
長野から湯田中までは長野電鉄の各駅でのんびり1時間。
ちなみにこのフリーきっぷはこの長野電鉄もOKなんです。
片道1,130円を考えるとかなりのお得感。
車窓のほうはもう時間も遅いこともあり次の日に期待です。

湯田中温泉に着いたころにはもう真っ暗。
宿に向かいます。

宿に到着
DSC03350.jpg


早速従業員の方に聞いて共同浴場の大湯に向かいます。
この旅館の宿泊者は無料で入れます。
この近辺には共同浴場がいくつもあるのですが、
旅館単位で入れるところが決まっているみたいです。

早速鍵を借り向かいます。
ここは共同浴場の番付で東の横綱らしいです。
DSC03344.jpg

DSC03348.jpg


この時は誰もいなくて横綱を貸し切り状態。
この日は朝4時30分起きで結構歩いたこともあり、
のんびりつかります
DSC03336.jpg

二つに仕切られていてそれぞれお湯の温度が違います。
無色透明ですがしっかりした印象です。

その後は湯田中の駅のほうに戻り。駅構内にある、
楓の湯に行きます。
DSC03352.jpg

ここは共同浴場というより立派な温泉施設。
人も結構いたので写真はありませんが、
もちろんかけ流しで露天もあります。

のんびりお湯につかり宿に戻った後は、日本酒でさらにのんびり・・・
DSC03343.jpg



疲れていたこともあり自然と就寝・・・
こうして一日目は終わるのでした・・・

※ほとんどが夜に訪れたのですが写真は翌朝のものです

続く・・・


目次はこちら





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。