UME blog
気ままな旅行記を書いています
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント

よろしかったらコメント残していってください



月別アーカイブ



お気に入り

・まっちさん
おしゃれまっちのすてきせいかつ
タイトルどおりとてもすてきなブログです。
旅行記もとても丁寧です。
あとペットのかめお先生がかわいらしいです。

・やえもんさん
やえもんのひだまりカフェ
僕と同年代で学校の先生をされているやえもんさんのブログです。
旅の他たくさんの趣味をお持ちで興味深い記事をたくさん書かれています。

・まるたん星人さん
猫、やをらブログる
かわいい猫ちゃんたちの写真がもりだくさんです。
旅の記事などもあります。
“やをら”とはおもむろという意味だそうです。

・かやさん
かやのうち
たくさん旅行しているかやさんのブログです
その他かやさんの地元の話など
楽しい記事がいっぱいです
・四十路さん
四十路直前日記Ⅱ
城をたくさんまわられている四十路さんのブログです
百名城以外の城もたくさんまわられていますよ



最近のトラックバック



訪問してくれた人数



ただいま訪問されてる方

現在の閲覧者数:



プロフィール

UME

Author:UME
居住地  関東
年齢   30代
性別   男
職業   税理士
趣味   旅



にほんブログ村

気に入ってもらえたら、お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖一人旅 VOL.2
P5030029.jpg


比叡山を後にして比叡山坂本から湖西線に乗り窓越しに琵琶湖を眺めながら
1時間ちょっとで余呉駅へ

早速レンタサイクルを借り余呉湖サイクリング
P5030034.jpg



琵琶湖一周はきついけど、ここは一周6㎞くらいなのでところどころ止まりながらゆっくり走っても1時間かからない。

天気もいいので気持ちよかった。

散歩してる人や釣りしてる人がいてのんびりモード
P5030036.jpg

レンタサイクルを返し次は賎ヶ岳のある木ノ本駅へ

ここは余呉の次の駅

また観光案内所に行きレンタサイクルを借りる。

レンタサイクルが5時までで駅に着いたのが3時30分だったので時間が気になったけど、観光案内所の人に聞いたら賎ヶ岳に行くだけだったら大丈夫との事でホッとした。

約2キロ行ったところに賎ヶ岳のリフト乗り場に着く。

最後の坂が結構きつい。

リフトに乗り山頂付近へ

リフトに乗ってるときは賎ヶ岳の説明のテープが流れていた。
P5030050.jpg

ここから約300メートルの石段
頂上に着いたら結構人もいた。
P5030051.jpg

ハイキングコースになってるから歩いてくる人も結構いるみたい。

山頂で琵琶湖と余呉湖が見渡せる

琵琶湖
P5030060.jpg


余呉湖
P5030053.jpg



まだ少し時間があったので山内一豊が名馬を買ったという馬宿
P5030070.jpg

去年大河ドラマ見てたからちょっと感動

ここで5時になったので自転車を返しに。

今日は近江今津にある親戚の家にお世話になるので木ノ本から近江今津へ戻る

久々に親戚に会ったから酒も結構いただいたおかげで疲れもあり
10時には寝てしまった・・・

続く






スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://umesanblog.blog102.fc2.com/tb.php/14-8d5fd67e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レンタサイクルレンタサイクルとは、観光、行楽、通勤、通学、商用などの目的のために自転車を貸し出す事業のことである。また貸し出された自転車自体を指すこともある。従来、観光地における行楽手段の一つとして自転車を貸すことが行われてきたが、近年では都市部における 自転車を探るサイト【2007/08/01 09:04】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。