UME blog
気ままな旅行記を書いています
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント

よろしかったらコメント残していってください



月別アーカイブ



お気に入り

・まっちさん
おしゃれまっちのすてきせいかつ
タイトルどおりとてもすてきなブログです。
旅行記もとても丁寧です。
あとペットのかめお先生がかわいらしいです。

・やえもんさん
やえもんのひだまりカフェ
僕と同年代で学校の先生をされているやえもんさんのブログです。
旅の他たくさんの趣味をお持ちで興味深い記事をたくさん書かれています。

・まるたん星人さん
猫、やをらブログる
かわいい猫ちゃんたちの写真がもりだくさんです。
旅の記事などもあります。
“やをら”とはおもむろという意味だそうです。

・かやさん
かやのうち
たくさん旅行しているかやさんのブログです
その他かやさんの地元の話など
楽しい記事がいっぱいです
・四十路さん
四十路直前日記Ⅱ
城をたくさんまわられている四十路さんのブログです
百名城以外の城もたくさんまわられていますよ



最近のトラックバック



訪問してくれた人数



ただいま訪問されてる方

現在の閲覧者数:



プロフィール

UME

Author:UME
居住地  関東
年齢   30代
性別   男
職業   税理士
趣味   旅



にほんブログ村

気に入ってもらえたら、お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州ぐるり城めぐり Vol.13 はやとの風
鹿児島中央駅からは
はやとの風、しんぺいを乗り継いで
肥薩線経由で熊本県の人吉に向かいます。
今回は鹿児島中央から吉松までのはやとの風をご紹介します。

はやとの風は観光列車として運行されています。
車掌さんはいないのですが客室乗務員の女性が
いて車内販売から説明そして改札まで行います。
なかなかかわいかったですよ。

黒いボディがかっこいいですね。
IMGP6358.jpg

車両には座席のほかに展望ブースが設けられています。
外から見ると窓が下まで大きいのがわかりますね。
IMGP6360.jpg
展望ブースを中から見るとこんな感じです。
内装も木が使われておりなんか気持ちがホッとします。
IMGP6368.jpg

鹿児島中央駅を出発。
気動車独特の音と振動とともに出発です。


まずは隼人までは日豊線
桜島ともお別れです。
IMGP6373.jpg

隼人からは肥薩線に入り
山の景色が素晴らしいです。
IMGP6396.jpg

しばらくすると嘉例川駅に到着します。
ここには5分ぐらい停車します。
他の駅も5分くらい停車時間があるところが多いので
外に出たりしてのんびりすることが出来ます。
IMGP6399.jpg

ここは開業当初からの木造駅舎が今でもそのままの形で残っています。
この時は残念ながらいらっしゃいませんでしたが以前の駅長さんが
名誉駅長さんとして出迎えてくれることがあるっていうのも有名ですね。
IMGP6400.jpg

IMGP6403.jpg
 
このあと霧島温泉駅を過ぎこれまた当時のままの駅舎大隈横川
に到着します。
IMGP6414.jpg

嘉例川も大隈横川も明治からの駅舎ということで感慨深いものがあります。

栗野駅に止まりはやとの風終点の吉松駅に到着しました。


素晴らしい車窓と歴史ある駅舎、そしてとても雰囲気がいいはやとの風
と鹿児島中央から吉松まで90分しかないのが寂しい感じです。

次はしんぺいに乗り換えて人吉に向かいます。
乗換時間が2分しかないため急いで乗り換えます。

続く・・・


※写真はクリックすると大きくなります

目次はこちら



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://umesanblog.blog102.fc2.com/tb.php/435-a80fc87d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。