UME blog
気ままな旅行記を書いています
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント

よろしかったらコメント残していってください



月別アーカイブ



お気に入り

・まっちさん
おしゃれまっちのすてきせいかつ
タイトルどおりとてもすてきなブログです。
旅行記もとても丁寧です。
あとペットのかめお先生がかわいらしいです。

・やえもんさん
やえもんのひだまりカフェ
僕と同年代で学校の先生をされているやえもんさんのブログです。
旅の他たくさんの趣味をお持ちで興味深い記事をたくさん書かれています。

・まるたん星人さん
猫、やをらブログる
かわいい猫ちゃんたちの写真がもりだくさんです。
旅の記事などもあります。
“やをら”とはおもむろという意味だそうです。

・かやさん
かやのうち
たくさん旅行しているかやさんのブログです
その他かやさんの地元の話など
楽しい記事がいっぱいです
・四十路さん
四十路直前日記Ⅱ
城をたくさんまわられている四十路さんのブログです
百名城以外の城もたくさんまわられていますよ



最近のトラックバック



訪問してくれた人数



ただいま訪問されてる方

現在の閲覧者数:



プロフィール

UME

Author:UME
居住地  関東
年齢   30代
性別   男
職業   税理士
趣味   旅



にほんブログ村

気に入ってもらえたら、お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田大館フリーきっぷ一人旅 Vol.32 鶴の湯温泉2
温泉に行きます。

ここは内風呂3つに露天1つ。
でもここも孫六と同様女性専用の露天もある。


まずは内風呂の白湯と黒湯に入ります。
DSC01150.jpg


ここは男湯のほうは入り口が一箇所でした。
まずは白湯に入ります。
かなりぬるめ。

ここで一緒に入った年配の方に話しかけられました。
なんでもこの方は奥様と1ヶ月かけて
温泉宿のはしごをしているそうです。
すごくうらやましい~
すごいいいおじさんでいろいろお話しちゃいました。

と一緒に黒湯に移動

こちらはちょっと熱め。
でも熱めの方が好きな自分にはちょうどいい。

写真は黒湯です
PA0_0049.jpg


次は露天です。

今回は孫六の時と違い常にお客さんがいるので
なかなか写真は撮りづらい。
実はこの写真は帰る寸前に撮ったもの
DSC01148.jpg


この日の露天は掃除のためお湯を一回抜いたので、
最初は透明で空気に触れて白くなるということだったけど、
僕が入ったときはもう真っ白でした。

まぁ今回はおじさんとのトークで白湯、黒湯に1時間くらい入ってしまったため、
露天は軽く入って朝ゆっくり入ろうということで、
部屋に戻りました。

部屋では買ってきたお酒を飲みながら、またいつの間にか寝てました。

これで三日目終了。

この旅も実質残り1日・・・

続く

目次はこちら


旅以外の雑談はUME Diary




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

温泉って、知らない者同士で話ができるから不思議ですよね。
でも、気を遣うわけでなく、新鮮だから面白い。
特に秋田の山奥で自然に溶け込んでいると、余計な事を考えず、
自分自身もナチュラルになれちゃいますね(^^)

露天の写真を撮れたのはすごいです(笑)。

【2007/06/29 23:59】 URL | kumi #- [ 編集]


kumiさん、こんばんは。

ちょうどコメントもらいたてでしたね!(^^)!

鶴の湯本当良かったです。
料理も美味しかった。

kumiさんは離れ本陣だったんですね。
囲炉裏にある部屋いいですね。

この時話した方には、どうでもいいことまで
話してしまいました(^_^;)
本当にナチュラルになってたんでしょうね。

この方は本当にいい人で
朝食は隣に呼んでもらったりしました。

露天はタイミング狙ってました。
本当は逆から全体を撮りたかったんだけど、
奥におじいさんたちがいたので
この角度になってしまいました。

【2007/06/30 00:15】 URL | UME #- [ 編集]


写真だけでも名湯の風格が漂っていますね。
前にもコメントで書いたかもしれませんが私も鶴の湯温泉に一度日帰り入浴で行ったことがあります。
下からぶくぶくと気泡が出てきていたのがすごく印象的でした。
私が入浴した時はお休みの日帰り入浴ができる時間帯だったのでもう入浴客が沢山訪れてました。

男湯(っというか一応混浴)の方は広々した露天風呂で気持ちよさそうですね。
女湯の方はもっと狭かったので羨ましいです。
でも、まだまだ混浴に入る勇気はありませんが、、、。
【2007/07/02 00:12】 URL | まっち #- [ 編集]


まっちさん、こんばんは。

ここはすごい風情ありますよね。

日帰りで行ったっておっしゃってましたよね。
昼間はやはり人たくさんいるんですね・・・

確かにあの混浴の露天は昼間は若い女性はきついかもしれませんよね。
団体ならいいかもしれないけど・・・
女性専用は狭いんですか・・・

是非今度行くことあったら宿泊考えるのもいいかもしれません。
夜もすごい雰囲気いいですから。

僕もまた行きたいなぁ。

【2007/07/02 22:14】 URL | UME #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://umesanblog.blog102.fc2.com/tb.php/76-ed3e8880
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。